宝筐院の紅葉の見どころとアクセス方法は?【京都紅葉穴場スポット】

宝筐院はご存知でしょうか??

こちら、京都の紅葉の穴場スポットで、一押しの場所です。

撮影目的は禁止と言われるくらい、とても綺麗なお庭です。
(実際、三脚や一脚の持ち込みは禁止されています)

何より、以前より人は増えているようですが、その他の紅葉の名所と比べると、人が少なく、見て周りやすくなっています。

今回、私が実際に行ってみての見どころや、アクセス方法をお伝えしていきます。

ゆう

2021/11/24に撮影した写真です。
(撮影機材:X100F

目次

宝筐院とは?

宝筐院(ほうきょういん)とは、京都嵯峨野にあるお寺です。
嵐山のエリアの近くにあり、近隣にも紅葉の名所がありますが、その中でも特に紅葉の美しい寺院として、知る人ぞ知るお寺として知られてきています。

宝筐院の開館時間と料金

宝筐院の受付時間と、拝観料金はこちら

【受付時間】 9:00~16:30
【拝観料金】大人500円、小中学生200円
【問合せ先】075-861-0610 

宝筐院拝観の注意点

大型/中型カメラ・一脚・三脚の持ち込み禁止となっています。
境内の自然の保護やマナーの観点から、三脚や一脚だけでなく「大型や中型のカメラ」も持込禁止です。

小型カメラやスマートフォンでの商用以外の個人的な撮影に限り許可されています。ルールを守って参拝するようにしましょう。

宝筐院の紅葉の見どころ

境内の入り口から門をくぐるとまっすぐな石畳の道があり、その両側に紅葉のトンネルが続きます。

こちらの紅葉のトンネルと、寺院の中から見える紅葉の景色が特に見どころです!

紅葉のトンネル

受付から入るとすぐに紅葉のトンネルが迎えてくれます。

こちらの入り口からの石畳の一直線紅葉のトンネルは、みんな写真を撮りたくて、人が通らなくなるのを狙ってました!笑。

ただ、それくらい綺麗なところなので、参拝している方が少ない時は狙ってみてもいいかもしれません。

寺院の中より

寺院の中に入ることができるのですが、畳の上に座ってゆっくり眺める紅葉も格別です。

宝筐院へのアクセスは?

宝筐院までのアクセスはこちら!

公共交通機関での行き方

JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車で徒歩15分です。

※その他の行き方作成中。

お車での拝観はおすすめしません

駐車場はありません。近隣のコインパーキングがいくつかありましたが、紅葉シーズンはほぼ満車です。

まとめ 宝筐院は京都嵐山の紅葉の穴場スポットです!

宝筐院は、京都嵐山の紅葉の穴場スポットです!

人力車のお兄さんに聞いたら、「ここが一押しポイントです!」と教えてくれました。

紅葉時期は知る人ぞ知る名所となっているようです。

拝観にこられていた方が

「以前は人が少なかったのに人が多くなってきた」
「ただ、それでも他の近隣の紅葉スポットと比べるとまだ少ない」
「いずれ、もっと人が増えるだろう…」

と、話されていました。

実際にテレビや雑誌でも取り上げられることは増えて、メディアの露出が増えてきてから観光客が増えているようです。

それでも、まだ人が少ないうちに、一度「宝筐院」の紅葉を満喫してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛犬のラテと楽しくのんびり暮らしています。
楽しくのんびり暮らす為に、やっていることをご紹介していきます。

愛犬との暮らしや、生活関連記事、旅記事を公開しています。

詳しくは、プロフィールへ!
SNSのフォローもお願いしますっ!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる