犬OK!ペット可賃貸物件探し方のコツとは?注意点とあわせて解説!

「ペットと一緒に暮らしたい!」

最近、コロナの影響で人と会う機会が減ってしまっていて、犬や猫など、ペットと暮らしたいという需要が増えているようです。

そこで、今回は、愛犬と暮らしている私が、犬OKのペット可賃貸物件探し方のコツを注意点とあわせて解説していきたいと思います。

目次

ペット相談可はどこまで?全てのペットがOKなわけではない!?

私も経験があるのですが…

条件にあうペット可物件見つけた…!!!ここにしよう!!!

と思っても、自分が希望するペットが飼育できないケースがあります。

賃貸物件ごとに、飼育できるペットの種類や大きさ、頭数など、飼育条件が決められているからです。

犬の飼育がOKな物件でも、「小型犬のみ」「体重5kgまで」「1匹のみ」といった制限が付けられていることがあります。

ゆう

自分の入居した物件も、体重10kgまでの制限がありました。

そのため、中型犬以上、大型犬や多頭飼いなど場合は、なかなか物件がなく、探すことが困難になってきます。
また、犬はOKだけど猫はダメというケースも結構多いです。(引っ掻く事が多いからかな…)

ペットを飼う場合や、条件によって賃料が変わる事がある

そもそもペット可物件でも、ペットを買う場合は、賃料が+5,000円かかります。とか、礼金を通常1ヶ月分が2ヶ月分になるなど、ペットを買う場合は、賃料や、料金が変わってくる事があります。

ペットの種類によっても、料金が違う物件もあるので、注意が必要です。

いずれにしても、ペットと一緒に住む場合は、調べていた時よりも料金が高くなると思っておいた方が良さそうです。

また、物件によっては、ペットの資料の提出を求められることもあります。

そもそもペット可物件が少ない

探し始めてる方ならわかると思いますが、そもそもペット可物件はかなり少ないです。

感覚的には全体の1割くらいでしょうか。
その中で、自分の希望の条件にあてあはまるのなんてほとんど出てきません。

また、自分の経験談になってきますが、ペット可物件は、よほどの事情がない限りなかなか出ていく人が少ない印象があります。(次探すのが大変だったり、ペットの環境を変えたくないからだと思います)

条件に当てはまらない場合でも、交渉すれば入れる事がある?

これはあくまで可能性の話です。

ペット可能物件だけど、小型犬のみしかダメな場合でも、管理会社から大家さんに相談してもらったら、中型犬でもOKになる。なんてこともあります。

物件を調べていて、気になるところがあれば、早めに問い合わせして、確認してもらう方がいいと思います。

ペット可賃貸物件の探し方のコツとは?

ここでは、ペット可賃貸物件の探し方のコツについて解説していきます。

ペットを優先して、希望の条件をちょっと緩めて探す

駅から近くて、部屋が広くて、築が浅くて…

どうせ住むなら、希望の条件が叶うところに住みたい!
と思うのが普通だと思います。

上記にも書きましたが、ペット可能物件は本当になかなか希望に合致する物件がありません。

ペット可能物件を探すコツとしては、「ペットを優先して、希望の条件をちょっと緩める事」です。

そうする事で、比較できるくらいにはペット可能物件が出てくると思いますので、その中で一番条件に近いところを選んでいくのがいい方法かと思います。

ペット可賃貸物件は、SUUMOが探しやすかった!

CMでもお馴染みの、探しているエリアを指で囲んで探す方法です。

この辺り(少し広め)にエリアを設定し、賃料・間取り・ペット可などの条件を設定して探すと、探しやすかったです。

あと、こちらのキャッシュバック賃貸から物件を探すことをお勧めします。

キャッシュバック賃貸経由して、物件の契約をすることで、最大10万円もらう事ができます!

ペット可賃貸物件を探すときのチェックすべきポイント

ペット可賃貸物件を探すときのチェックすべきポイントを5つ紹介します。

部屋の広さ(日当たり)

一緒に住むペット(愛犬)の大きさにもよってきますが、ある程度の部屋の広さは必要になってきます。

もちろん、毎日お散歩にいく前提だとしても、あまりにも狭い部屋だったり、ゲージの中が狭すぎたりすると、ペットにかかるストレスが大きくなってしまいます。

ゲージ以外にも、トイレなどもしっかり置ける広さがあるかどうかは、しっかり確認した方がいいでしょう。

個人的にお勧めなのは、1LDK以上の広さはあった方がいいと思います。
居室と玄関の間に扉があると、ペットが急に外に出て行ったりする心配がなくて安心です。

どうしてもペットがいるとできない作業などがあるときに、一部屋待機してもらう部屋があると安心です。
ゲージでもいいのですが、狭すぎて時間によってはストレスになってしまうと思いますので…

他にも、広さも必要ですが、日当たりや、風通しも確認できるのであればしておきましょう。

特に、寒い冬に日当たりのいい部屋を、愛犬の部屋にしておくと、気持ちよく過ごしてもらえそうです♪(その場合は夏場の対策が必要ですが)

防音性

集合住宅である以上、防音性は非常に大事なポイントになってきます。

犬の遠吠えや鳴き声が、近隣の方の迷惑になることも…
もちろん逆のパターンもあります。『隣の犬の鳴き声がうるさくて眠れない』なんてことも考えられます。

自分の家の愛犬の騒音も心配ですが、近隣がうるさくてそれが飼い主・愛犬のストレスになる場合があります。

通常の賃貸物件探しでも重要視されるポイントではありますが、ペットを飼う方はより重要なポイントです。

防音性については、しっかり確認するようにしましょう!

床材や壁材

先述している防音性にも少し関わってくるポイントになります。

特に床材ですが、ただのフローリングの場合は、走り回る足音などが気になる事があるかもしれません。
また、フローリングは、愛犬が滑ってしまって身体を痛めてしまう事があるかもしれません。

一番おすすめは、クッションフロア(ペット用)が入っている物件です。

私の住んでいる物件には、分厚めのクッションフロアが入っていて、足音等が響きにくく、愛犬が滑りにくい素材になっています。

もし、通常のフローリングや薄いクッションフロアの場合は、よく移動するところには、マットや絨毯等を敷くことをお勧めします。

また、壁材についても、傷つきにくい、汚れにくい素材である事が望ましいです。
傷つきやすい、汚れやすい素材では、退去時の現状回復費用が高くなってしまう可能性があります。

出来れば高層階(階段)は避ける

エレベータ等があれば、愛犬であればベランダ等から転落の心配はないと思うので安心できます。

しかし、できれば階段は避けたいところです。

愛犬自身で上り下りする場合は、脚や腰にかかる負担が非常に大きいです。また、飼い主が抱えて上り下りする場合も、毎回となると負担が大きくなってきます。

もし、愛犬自身で上り下りさせる場合は、滑ったりしない対策をする事が必要です。

周辺環境

ペットと一緒に住むからこそ、確認しておいた方がいい周辺環境もあります。

まずは、周囲でお散歩ができる環境かどうかです。
あまりに交通量が多かったりすると、散歩させる環境がいいとは言えないでしょう。

できれば近くに大きな公園があったり、散歩がのんびりできる河川敷などがあるといいと思います。
自宅から公園まで、交通量が少ないのがベストだと思います。

また、ペット用品が売っているお店も近くにあるとありがたいですね。
おしっこシートなどは、流石にコンビニでは売っていないので、ホームセンターや、ドラッグストアが近くにあると安心ですね。

その他、できる限り近くに動物病院があるといざというときにも安心できます!

一人暮らしでペット可物件に住む費用について(体験談)

実際に私の住む物件と、実際にかかった費用について説明します。

現在住んでいる家の間取り
項目金額
家賃66,000円
共益費3,500円
駐車場5,000円
町内会費700円
礼金165,000円
損保(2年間)24,000円
保証料20,000円
ハウスクリニーング代50,000円
入居にかかった費用

一人暮らしで、2LDKとやや贅沢な間取りになっています。

結果的にこの金額で2LDKなので満足していますが、本当は1LDKで探していました。
なかなかいい物件は見つからないのが現実です…

愛犬と生活するために選んだ、現在住んでいる物件の費用についてです。

毎月かかってくるお金が、「家賃」「共益費」「駐車場」「町内会費」で、合計75,200円です。

また、初回入居の時にかかったお金が、「礼金」「損害保険」「保証料」で、合計209,000円です。

初回の入居にかかった費用に関してはもしかしたら抜けてるところもあるかもしれませんが、大体それくらいはかかると思ってもらった方がいいかもしれません。

心配なのは敷金がなかったので、ハウスクリーニング代以上のお金がかかった場合は、実費が請求されそうなので、そこが少し怖いですね…

ただ、この間取りだと、4.5畳の部屋はラテ(愛犬)専用部屋にできるくらいの余裕もあり、家の中もそこそこ走れるくらい広いので、愛犬と暮らす上では本当に文句ないです。

床も、ペット用のクッションフロアですし、コンセントも犬の目線より上の位置に取り付けられているなど、ペットと暮らすことを最初から考えて作られている物件だなと思いました。

ゆう

この家に住んで1年ちょっと経つけど、不満なく快適に過ごせてるよ!

まとめ ペット可賃貸物件の探し方のコツとは!?

ペット可の賃貸物件は本当に数が少ないです。
地域によって差はありますが、全体の物件の10〜20%くらいだと思って間違いありません。
そんな中からなかなか自分の希望する物件を探すのは大変です。

ペット可賃貸物件の探し方のコツは…

ペットを優先して、希望の条件をちょっと緩めて探す

です。賃料や間取り、駅との距離など色々あると思いますが、少し緩めてまずは物件数を探した方がいいと思います。

というのも、希望の条件を入力しても出てくることもあるかと思います。しかし、ペット可の人気物件は、まだ前の入居者の方が入っている段階で決まることも少なくありません。

そんなことも考えると、候補をいくつか出しておいた方がいいでしょう。

そして、良さそうな物件を見つけたらすぐに申し込むことと、できる限り周りの環境は見ておいた方がいいと思います。

こちらをご覧になられた方が、いい物件に巡り会えることをお祈りしております。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛犬のラテと楽しくのんびり暮らしています。
楽しくのんびり暮らす為に、やっていることをご紹介していきます。

愛犬との暮らしや、生活関連記事、旅記事を公開しています。

詳しくは、プロフィールへ!
SNSのフォローもお願いしますっ!

コメント

コメントする

目次
閉じる