SwitchBot温度計とエアコンの連携!ペットの待つ家の温度管理

夏場、冬場問わず、エアコンの必要な季節になったら、特にペットを買っている家ではエアコンをつけっぱなしにすることもあるのではないでしょうか?

また、春や秋など、季節の変わり目の温度変化の激しい季節は、エアコンを入れていくか悩む人も多いのではないでしょうか?

私も、その1人でした。
エアコンつけっぱなしでもいいんだけど、微妙な気温だからどうしよう…?

結局つけずに行って、暑くなって愛犬に負担かけてしまったり、逆も然りです…

ずっとそのような環境で過ごしていましたが、アレクサを導入したタイミングで、SwitchBotの温度計の存在を知りました。

会社員♂

急な温度変化があると対応できないからつけっぱなしかなぁ…

OL

でも、電気代も少し気になっちゃう…

そこで、もしかしてこれは、上記の悩みが解決するのでは?!
と思い、SwitchBotの温度計を導入してみました!!

本記事では、ペットを飼っている方の温度管理についてのお悩みを解決できる、SwitchBot温度計のご紹介です!

それでは、早速みていきましょう♪

目次

SwitchBotのカメラと温度計を導入して3ヶ月使ってみた

SwitchBotカメラ・温度計の設置状況

ラテ(愛犬)の部屋に、SwitchBotのカメラと温度計を設置しました。

留守中に安心して過ごしているかどうか心配だったので、様子を確認したいのでカメラを導入しました。
SwitchBotのカメラにも興味がある方はこちらから!

・部屋の温度が、過ごしやすい気温になっているか?
・夏や冬はもちろん、温度変化の激しい時期にも対応できる様にしたい!

という2点が温度計を導入した理由です。

結論から言うと、愛犬の様子が遠くからでも確認することが出来、エアコンと温度計を連携させることで、快適な気温を維持することが出来るので、飼い主は安心してお出かけすることが出来そうです。

本記事では、SwitchBotの温度計についてご紹介していきます!

SwitchBotの温湿度計の紹介

SwitchBotの温度計って言っていますが、正しくは温湿度計で、「温度」と「湿度」を計測する事ができます。

まず、SwitchBotの温湿度計の性能や機能を見ていきましょう!

項目機能
設置方法直設置・スタンド・マグネット・両面テープ
センサー精度スイス製センサー
4秒ごとに最新情報に更新
アラート通知機能スマホに通知可
データ保存36日分
電源コードレス
単4電池(2本)
本体サイズ110✖️30✖️85mm
重さ90g
Bluetooth対応
(見通し120m)
温度範囲・精度温度範囲:-20°C~80°C
温度精度:±0.2°C(0°C~65°Cにおいて)
湿度範囲・精度湿度範囲:0~99%RH
湿度精度:±2%(25°C、10%~90%RHにおいて)

温度を測るだけでなく、SwitchBotハブミニなどと連携させると、温度や湿度に応じて、エアコン・加湿器などの家電を自動制御させることができます。

もちろんスマートスピーカー、例えばアレクサと連携をとって温度の確認をすることも簡単にできます。

こんなに小さくてもとっても賢いSwitchBotの温度計なのです!!

こんなに賢い温度計がなんと、1,980円!!

さらに便利なポイントを次の見出しで解説します♪

SwitchBot温度計のレビュー!ペットを飼っている人におすすめの理由

SwitchBotの温度計を実際に使用してみての感想から、レビューしていきます!
今回は、ペット(犬)を飼っている人におすすめの理由を紹介します。

さっきも言いましたが、小さくてもとっても賢い温度計です!!

SwitchBotの温度計が、ペットを飼っている人におすすめの理由!

1、エアコンの自動制御・遠隔操作ができる

2、温度・湿度アラートを設定できる

3、スマホで温湿度のデータを確認できる

4、アレクサで確認できる

5、AppleWatchでチェックと操作ができる

エアコンの自動制御ができる

このSwitchBot温度計の一番すごいところは、エアコンの自動制御ができることです!

※後ほど必要な環境についてご説明します。

エアコンの自動制御ができれば、ペットを飼っている方はもちろん、子供の留守番や、高齢の方で上手く温度管理できない方も、簡単にお部屋の温度管理する事ができます。

ゆう

お部屋の温度管理を自動化していると、外出中も安心です!

温度・湿度アラートを設定できる

自分で決めた温度・湿度を上回ったり、下回ったりすると、スマホに通知が来るように設定する事が出来ます。

私は、基本的にはエアコンを自動制御で、28℃を超えたらオンになるように設定していますが、万が一エアコンの電源が入らなかったことも考慮し、スマホに通知が来るように設定しています。

ゆう

SwitchBotを導入してから、一度だけエアコンの電源が入らない事があって、家に帰って焦った事があるよ…

そんな時の為に、アラート設定をしておけば安心です!

もし、通知が来たら、電源が入らなかった事という事なので、その時は外出先から遠隔操作で、エアコンをオンにする。という万が一に備えた使い方ができます!

飼っているペットの為にも、二重に対策をしておくとより安心です。

スマホで温湿度のデータを確認できる

年月日、時間軸などで、過去の計測データを確認する事ができます。

正直途中からはあまり確認する機会はありませんが、一目で温度の変化がわかるので、導入当初などはしっかりと確認して、何℃に設定する必要があるなどの情報収集・分析に役立ちます。

家に帰ってから確認すると、エアコンがちゃんと自動制御で動いたな〜とか、その時のどうなっていたかわかるので、見ていると少し楽しいです。

アレクサで確認できる

アレクサを使用している方は、「アレクサ、部屋の温度は?」と聞くと…

アレクサ

摂氏24.2℃です。

という風に答えてくれます。

なくても大丈夫ですが、音声コントロールに慣れてきている方には、本当に便利な機能だと思います。
※EchoShowに基本表示されている温度は天気予報から情報を引っ張っている外気温です。

私の家ではアレクサを使用していますが、Siriや、Googleアシスタントも使用可能です!

AppleWatchでチェックと操作ができる

Apple Watchと連携させれば、部屋の温度を確認する事ができるそうです!

例えば、Apple Watchで帰宅前に部屋の温度を確認して、Apple WatchでエアコンをONにすることもできちゃいます。

これに関しては私は、ガーミンのスマートウォッチなので、通知は見れるようになっていますが、温度は確認する事ができません。

私、愛犬の部屋は自動制御なので、この機能は特に必要はないのですが、その他のリビングなどは、自動制御にしていません。

その為、Apple Watchで帰宅前に確認して、Apple WatchでONにしたいのでApple Watchの導入考えています…

SwitchBotの温度計をエアコンと連携する為に必要な環境

私の家のペット部屋の環境を図にしてみました。

大前提として、Wi-Fi環境が必要になります!

※私SwitchBotハブを2個書いてますが、一つで大丈夫です!

SwitchBot温湿度計でエアコン自動制御に必要なもの

エアコンの自動制御や、アラート通知などを使用する為には…

SwitchBot Hub Mini(ハブミニ)が必要です!

SwitchBot Hub Mini(ハブミニ)とは?

1、家中のリモコンはひとつにまとまる
 →エアコン、テレビなどの赤外線リモコンを一つにまとめて、アプリから操作が可能に!

2、音声コントロールに対応
 →アレクサなどと連携して、声をかけるだけで登録した家電の操作が可能になります!

3、登録した家電の遠隔操作が可能
 →外出先でスマホから登録した家電の操作が可能に!

4、SwitchBotシリーズ製品との連携
 →温度計や、加湿器と連携する事で、室温が下がったら暖房をON、湿度が50%を下回ると加湿器をONなど、家電の自動制御が可能になります。

5、スケジュール機能に対応
 →毎日決まった時間に特定の家電を操作する事ができます。毎回操作する事なく、家電をより便利に活用できます!

色々便利な機能がありますが、SwitchBot温度計とエアコンの連携に必要な機能は、3、4の項目になります!

その他、絶対必要ではないですか、アレクサなどスマートスピーカーがあるとより便利に使用できます!

エアコン自動制御に必要なものまとめ

SwitchBot温度計でエアコンを自動制御するための設定

SwitchBotの専用アプリがありますので、そちらをダウンロードして、まずは設定していく必要があります。
説明書を見ながら簡単に設定できるので、安心してください♪

専用アプリで「シーン」の設定を行いましょう!

ダウンロードして、初期の設定ができたら、自動制御を行う為の「シーン」を登録していきましょう!

シーンの登録とは、「こうなったら、こうする!」という事を、記憶させる事です。

例えば…

「部屋の温度が28℃を超えたら、冷房を27℃設定で入れる」
「部屋の温度が26℃を下回ったら、エアコンを切る」

こうすると、エアコンを自動で制御する事ができるようになります。

実際に私の家でしている設定が、以下の写真のようになっています。

エアコン起動設定
エアコンオフ設定

仕事や、外出時でも、自宅でお留守番しているペットたちの環境(温度管理)は、SwitchBot温度計による自動制御で管理されているので、安心です!

まとめ ペットの為のエアコンの自動制御はSwitchBot温度計が便利!

スマホを使って外出先からの遠隔操作はもちろんのこと、SwitchBot温度計を使用すれば、自動制御する事ができます!

導入費用も高くないので、ペットを飼っている方はぜひ導入してみてください!

ペットの為に、エアコンの自動制御が出来ると、部屋の温度を常に快適に保てる為、本当に便利です。
SwitchBot温度計があると、簡単に自動制御ができるので、本当におすすめです!

SwitchBot温度計をお勧めしたい人

今回紹介させていただいた、SwitchBot温度計をお勧めしたいのは、こんな人です!

SwitchBot温度計をおすすめしたい人

☑︎ペットを飼っていて、日中仕事をしている人

☑︎常に室内を快適な温度にしたい人

☑︎アレクサや他のSwitchBot商品と連携させたい人

ペットを飼っている方は、仕事や旅行時などの外出時、部屋の温度管理には本当に悩まれているのではないでしょうか?

SwitchBotの温度計を導入すると、そんな悩みから解決されます!

SwitchBotの温度計を導入し、エアコンの自動制御をする事で、ペットにも飼い主にも快適な環境を作っていきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛犬のラテと楽しくのんびり暮らしています。
楽しくのんびり暮らす為に、やっていることをご紹介していきます。

愛犬との暮らしや、生活関連記事、旅記事を公開しています。

詳しくは、プロフィールへ!
SNSのフォローもお願いしますっ!

コメント

コメントする

目次
閉じる